arashi1977さんの投稿一覧

助け合いフォーラムの投稿
2024/07/18 コメント
問題の解釈について
強調するのを忘れていましたが「選択肢の中から適切なものを選ぶ」が重要です。 選択肢にないより良い方法があったとしても、提示された選択肢の中から要件を満たすものを回答するのが求められていることなので、モヤっと感じても「試験問題に回答する」という一番大事なところを達成できていればそれで良いのではないかなと思います。
2024/07/18 返信
問題の解釈について

しかし、スタティックルートとしてはネクストホップがPC1のアドレスになっており、そもそも間違っているため

と、「スタティックルートが間違っている」ことは理解されているのだと理解しています。
この状況では正しくルーティングされないためそれを修正するためのコマンドが問われており、選択肢の中から適切なものを選ぶのがこの問題の主旨であって

正答の設定ではOSPFルートがダメになったらPingが成功しないので

「OSPFルートがダメになった」場合のことは問われていないので、そこは気にしないでも大丈夫です。

あと、揚げ足取りの意図ではないのですが、「正答の設定ではOSPFルートがダメになったら」との考慮についてはその他の選択肢の誤答の理由にあるように全て「設定しても期待通りの通信にならない」ので、OSPFルートが正常だろうがダメになろうが状況は変わらないのではないかなぁと思います。

2024/07/16 返信
解説文訂正願い

ForwardAgentssh_config に設定するパラメータなので間違いではないですよ。
https://linux.die.net/man/5/ssh_config では ForwardAgent はヒットしますが、 https://linux.die.net/man/5/sshd_config ではヒットしないことでも確認できます。

解説にもあるように「踏み台中継サーバの SSH クライアント」で利用するパラメータであって、 「踏み台中継サーバ」がローカルホストからの接続を受け付けるときに利用するパラメータではない、というところがポイントかなと思います。

2024/07/16 コメント
誤答の訂正希望
と書いた後で気づきましたが、参考にちゃんと記載がありますね ^^; > プリエンプションを有効にしていないと、プライオリティ値が高くても既存のアクティブルータから切り替わることはありません。
2024/07/16 返信
誤答の訂正希望

AIが間違いと判定していたというお話ですが、問題をちゃんと理解できていないAIの方が間違っていますね。

preemptが無効(未設定)の場合は、自身のpriorityが他のルータよりも高くなったとしてもActiveにはならない、という事です。この設問と同様の設定をすると、CatA相当のルータでtrackingしているインターフェースがdownとなった場合、自分よりpriorityの高いルータがいるにも関わらずActiveのままになる事がわかります。

CatA#sh stand
Vlan1 - Group 1
  State is Active
    2 state changes, last state change 00:13:33
  Virtual IP address is 192.168.1.100
  Active virtual MAC address is 0000.0c07.ac01 (MAC In Use)
    Local virtual MAC address is 0000.0c07.ac01 (v1 default)
  Hello time 3 sec, hold time 10 sec
    Next hello sent in 0.496 secs
  Preemption enabled
  Active router is local ←自分がActive
  Standby router is 192.168.1.2, priority 100 (expires in 8.752 sec) ←Standbyはpriorityが100
  Priority 90 (configured 120)
    Track object 1 state Down decrement 30 ←自分はtrackingにより30減らして90になっているが、ここより上の通りActiveのまま
  Group name is "hsrp-Vl1-1" (default)

プリエンプションは「設定したルータ」で機能するので、設定していなければ「他にActiveがいなくなるまでStandbyのまま」です。この設問ではCatA-CatB間の接続が切れたとはなっていないことからCatBはCatA(Activeルータ)が生きていることを知る事ができると判断でき、今のpreempt無効なCatBはActiveに切り替わらない、という事です。

細かい動作について確認したい場合は、Coup(クープ)メッセージについて調べてみると良いですよ。

合格体験記の投稿
投稿がありません